カテゴリー
雑談

撮像素子の大きさ比較

撮像素子ってなにものだ

 

デジタルカメラには、フィルムにあたる部分にCCDやCMOSと言った、いわゆるセンサーと言われる撮像用の素子が設置されています。
シリコンが光を電気に変える性質を利用して電気的に光の強弱を読み取り、様々な計算を経て画像に変換されて、私達は画像として認識できるようになります。
その撮像素子に存在する、光を感じるポイントが画素という言葉で表現されています。
1000万画素は撮像素子の面に1000万個の光を感じるポイントがあるってことです。
甲子園等では観客席で人文字を作って応援していますが、それと同じように考えても良いと思います。
10人よりも100人の方がより細かい人文字が出来るように、500万画素よりも1000万画素の方が、よく細かく光を捉える事ができて、出力される画像もより鮮明な画像になるのです・・・原理的には。