Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (SEL1635Z)を使ってみる

ソニーストアオンラインで「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS」を購入しました。

ツァイスで広角でF4通しズームでAFが使えて光学手振れ補正があるっていう、カメラレンズとしては、必要十分というか贅沢な仕様な事もありつつ、広角側16mmのツァイスはFEでは初という事もあり、通常使用の中の一本としては多少価格は高めですが、特に迷いもなく購入です。

これで販売されてるFEマウントで、16-35F4・24-70F4・70-200F4と、いわゆる小三元と言われるレンズラインナップが完成しました。
この小三元で私が持ってるのは16-35F4だけですが、揃えた方も多いと思います。

“Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (SEL1635Z)を使ってみる” の続きを読む

α7sでタイムラプス撮影してみました。

最近のデジカメはデジカメ自身が外部のアプリケーションをインストールして、そのアプリを使った撮影をすることが可能な機種があります。

分かりやすく言えば、スマホのアプリのようにデジカメ本体にアプリをインストールできるのです。

そのアプリは無料だったり有料だったりと様々ですが、必要な人が必要な機能を選択し導入できるシステムなので、自身としては面白いなと思ってます。

Sony α7sも、この機能があるので、自分の好みのアプリを後からインストールすることが可能です。

その中にタイムラプス映像を簡単に作れる・・・というかカメラ本体で生成してくれるアプリがあります。

タイムラプス映像とは・・・・
一定の時間の間隔をあけて撮影した静止画を動画の一コマとし、パラパラ漫画のように連続して見せる事によってつくる動画の事をいいます。

 

以前でしたら外からレリーズタイマーや、一部デジカメにあるインターバルタイマー撮影などを使い、一定の秒数を開けて撮影した静止画をPC等でつなげて動画ファイルに変換していたのですが、このアプリは、その作業をカメラ本体内で行い、動画ファイルとしてメモリカードに保存されます。

若干の慣れは必要だと思いますが、便利なアプリです。

こんな感じに撮影できます。

“α7sでタイムラプス撮影してみました。” の続きを読む

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art & SD1 Merrill その2

とにかく撮影です。

前回に引き継ぎ、SIGMAの新レンズ、30mm F1.4 DC HSM の自分なりのテスト撮影です。

動き物に強くないSD1Merrillですが、あえて動き物を撮影してみました。
30mmでの撮影ですので、エサでハトをおびき寄せて、さらに飛んでる所は全く無視して撮影という手法です。

“SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art & SD1 Merrill その2” の続きを読む

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art

どんなレンズなのか?

 

Canonマウント用は3月22日に発売されてますが、シグママウント用が2013年04月05日付けで発売されました。
35mmフルサイズ用の35mm F1.4 DG HSM という評判の良いレンズがありますが、それはArtラインというプロダクトラインに則って制作されています。
そのレンズと同じArtラインで制作されたAPS-C用のレンズがこの30mmレンズです。

SD1Merrillにつけるとこんな感じです。IMG_5358_480_sg

 

“SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art” の続きを読む

Canon PIXUS PRO-1

当ブログで以前、PIXUS PRO-100にちょとだけふれた記事を書いていますが、色々と迷った挙句に、結局PRO-1を購入しました。
染料機ではなく、顔料機、PRO-10ではなくPRO-1。
同じ金額の交換レンズなら購入できて、プリンターだと厳しいってのが普通の感覚だと思います。私も同じなのですが、それでもPRO-1を購入しました。
多少勢いってのもありますが、それ以外にも幾つかの理由があります。

“Canon PIXUS PRO-1” の続きを読む

Nik Color Efex Pro 4

いわゆるプラグインソフトウェアです。
単体では稼働しませんので、必ず親ソフトが必要になります。
現在の最新バージョンではPhotoshop CS3~CS6、Photoshop Elements 8~10、Lightroom 2.6~4(4では不具合が出る場合もあるようです)に対応。
これに加えMacでは、Apeture 2.1.4~3に対応しています。
マルチコアに対応していますので、CPUパワーがフルに使えます。

詳しくはhttp://www.swtoo.com/product/nik/color-efex-pro/になりますので、興味のある方は見て下さい。
ベンダーの取り扱い終了につきリンクはこちらになりました。http://www.niksoftware.com/

URLに変更ありました。(2017/05)
今後はhttps://www.google.com/intl/ja/nikcollection/のようです。

DxOがGoogleから権利を買収しました。
今後はDxOがプラグインとして販売していくようです(2018/06)
https://www.dxo.com/jp

プラグインなので、親ソフトが必要になりますので、リンク先で互換性の確認が必要です。

“Nik Color Efex Pro 4” の続きを読む

シグマ SD1 Merrillとモデル撮影

価格帯が手頃になったので、シグマのデジタル一眼レフSD1メリルを購入して、色々と撮影しています。
ボディは手頃になっても、シグママウントレンズを新たに購入しなければならないわけで、なかなかの出費になってしまいました。

略発売と同時(2012/03/09)に購入したので、もう5ヶ月になるでしょうか。

さて、このSD1mですが、なかなか特徴のあるカメラでして、でもってなかなか画を出力します。細かい説明はhttp://www.sigma-photo.co.jp/camera/sd1_merrill/に書いてありますので、ご興味のある方は一読ください。

“シグマ SD1 Merrillとモデル撮影” の続きを読む