SONY α9(ILCE-9)の瞳AFは食いつきまくる(東京写真連盟)

SONY α9の瞳AFの食いつきがすごい。

縦構えで、全身を構図に入れてる状態(顔がアップになってない)でも瞳AFが食いつく感覚で離れない。

親指AFに瞳AF機能を設定して、瞳AFを押しながらシャッターを切っていくだけで、顔にベタピンで写真が撮れる感じです。
ましてやα9はブラックアウトフリー&連写があるので、とにかく瞳AFが追従の正確性と合わせて、気持ちよく撮影できます。

写真は、東京写真連盟の撮影会で撮影した柚月彩那(ゆづきあやな)さんです。

多くのカメラマンがいる前を歩きながらポーズを取っていました。
親指AFによる瞳AFの追従で連写した画像をまとめました。

“SONY α9(ILCE-9)の瞳AFは食いつきまくる(東京写真連盟)” の続きを読む