空と川

スポンサーリンク

夏に撮影した景色を何点か。
16mmで撮影した画だけを載せてます。
まずは・・・
2015-08-09_nasu_011_540_sg

SS1/2000,F8,ISO 1600

風景なんで、ある程度絞りたいが手持ちで撮影って事と風を考慮するとSSも速くしておきたい。
ISO1600、SS1/2000なんてちょっと前では考えられない設定ですが、
現像ソフトのノイズ除去も標準設定のまま、まったく問題ない画をだしてくれます。
技術の進歩は凄いです。

ただ16mmですから分かりやすく樽型が出ています。
今は現像ソフト側にレンズプロファイルもあるので、それを当てます。

それがこれです。
2015-08-09_nasu_011_540_sg_1

しっかりと修正されてます。

こういう感じでワイヤーが入ってるようなものだと樽型はわかりやすいので。
2015-08-09_nasu_021_540_sg_1

SS1/2000,F8,ISO 640

一発で修正できるのはありがたいです。
縦にワイヤーが入ってるとさらにわかりやすいです。
吊り橋にて人がいなくなったのを見計らって。
2015-08-09_nasu_017_810_sg_1

ちなみに樽の修正前はこんな感じです。
2015-08-09_nasu_017_810_sg
縦にワイヤーがあるので、見た瞬間に樽だなってわかりますね。
ただ、樽だの糸巻だのも含めて「レンズの味」っていう考えもありますので、一概にすべての画像を修正する事が正しい訳ではないってのが静止画の魅力の一つかなと。
魚眼レンズで全方位撮影とか子犬の鼻アップ写真とかもその例の一つですね。
撮影機材:Sony α7s + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
現像:Adobe Photoshop Lightroom6.3

 

スポンサーリンク