EOS7D New Firm IMAGE MONSTER2.0

スポンサーリンク

2009年10月発売のキヤノンのデジタル一眼レフのEOS7Dですが、2012年8月7日に大幅ファームアップがあり、機能追加や機能アップがありました。

詳細は・・・http://cweb.canon.jp/eos/lineup/7d/info/firmware-v2/index.htmlです。
(2017/09/23リンク先不明により修正)

早速入れてみたので、とりあえず連写機能のテストをしてみました。

自宅にある物撮り用の撮影台にてLED照明を使用。
SS1/500、F2.8、ISO400、CFはSANDISKの60MB/s16GBです。
高感度のノイズ低減はなしにしてます。

Ver1.25の公称値 RAW約15枚、RAW+JPEG約6枚。
Ver2.00の公称値 RAW約25枚、RAW+JPEG約17枚。

それぞれ5回程テストをして、記録されてる撮影時間から8コマ/秒で撮影できてると思われる枚数の平均値をだしてみました。

Ver1.25 RAW 15.6枚、RAW+JPEG 7枚。

RAW撮影の場合、連続シャッターがつまるところまでは18枚ぐらいはいけてます。
RAW+JPEGの場合は7枚が限界です。

 

Ver2.00 RAW 24枚、RAW+JPEG 16枚。

RAW撮影の連続シャッターは29枚ぐらいまではいけます。
RAW+JPEGの場合は18枚ぐらいまでならOKです。

ちょっとわかりづらいですがの新旧比較の動画を撮ってるので掲載します。
CANON G10で撮影して、Adobe Premiere Elementで編集してます。
Ver2.00方が連続性があるのがわかります。

 

それと一応ですが、DPP3.11.31.0とAdobe Lightroom4.1でEOS7DVer2.00のRAWは現像可能です。

スポンサーリンク

“EOS7D New Firm IMAGE MONSTER2.0” への2件の返信

  1. 早速、修正版がでましたね(^^
    自分の個体はオートパワーオフでフリーズしませんが。。。

    1. お久しぶりです。

      ファーム修正がすぐに出ましたね。
      私の個体も特にフリーズはなかったのですが、とりあえずアップしておきました。

コメントは受け付けていません。