撮像素子の大きさ比較

スポンサーリンク

撮像素子ってなにものだ

 

デジタルカメラには、フィルムにあたる部分にCCDやCMOSと言った、いわゆるセンサーと言われる撮像用の素子が設置されています。
シリコンが光を電気に変える性質を利用して電気的に光の強弱を読み取り、様々な計算を経て画像に変換されて、私達は画像として認識できるようになります。
その撮像素子に存在する、光を感じるポイントが画素という言葉で表現されています。
1000万画素は撮像素子の面に1000万個の光を感じるポイントがあるってことです。
甲子園等では観客席で人文字を作って応援していますが、それと同じように考えても良いと思います。
10人よりも100人の方がより細かい人文字が出来るように、500万画素よりも1000万画素の方が、よく細かく光を捉える事ができて、出力される画像もより鮮明な画像になるのです・・・原理的には。

原理的には良いはずなのに

 

原理的には、と書いたのは、画像の良さを決めるのは画素数だけでは無いからです。様々な要因が重なりあい、画像は生成されるので、一つの要因が良ければ、そのまま良い画像になるわけではありません。

わかりやすい例が、スマートフォンとデジタル一眼レフの画質の差です。
同じ画素数、またはそれ程違わない画素数なのに、なぜか出力される画像には、明らかな差があるのがわかると思います。
先ほど様々な要因があると書きましたが、実はその一つの要因が撮像素子の大きさです。単純に1画素あたりの受光面積が広いことや、大きな撮像素子を搭載している機種程、それ以外の要因についても対策されている事が多いので、画素数が同じならより大きな映像素子を搭載してる機材で撮影した画像の方が画質が良い傾向にあります。

大きさは様々です

 

次の画は撮像面の大きさを相対的に比較した画です。
実際の大きさは数値が表す通りとおりです。

これを見てわかる通り、撮像素子の大きさは、カメラによって相当な違いがあります。

IQ180と書いてある一番大きな撮像素子は、おそらく市販されている撮像素子では最大の大きさになると思われます。
フィルムカメラで言うところの中判カメラという種類にあたる大きさです。
搭載してるカメラの価格も、それなりの価格なので、主にプロの方、それもある程度限られた方たちが使っているのではないかと思います。

645Dと書いてある大きさの撮像素子は、PENTAXの645Dという中判デジタルカメラに搭載されています。
中判の6cm×4.5cmのデジタル版なのですが、それと比べるとちょっと素子の大きさが小さいので、645のAPS-Cみたいものなのでしょうか。

35mmフルサイズと書いてある大きさが、一番わかり易い、いわゆる普通のカメラです。
35mmフィルムを使っていたカメラシステムのボディをデジタルに置き換えた場合は、この撮像素子の大きさが規格いっぱいの大きさになるので、フルサイズと呼ばれています。Canon EOS-1D X、Canon EOS 5D3、Nikon D4、Nikon D800等

APS-Cはデジタル一眼レフカメラの標準的な撮像素子のサイズです。
このサイズは規格としてしっかり決まっているわけではないので、メーカーによってサイズに多少違いがあります。Canon EOS 7D、Canon EOS 60D、Canon EOSkissX6i、Nikon D7000、Nikon D5100、NikonD3200など

これ以外にも、色々書いてありますが、今年のコンパクトデジタルカメラは1/1.7型が、スマートフォンだと1/3.2型が主流のようです。
それと、同じ型でもメーカーによって若干大きさに違いがあります。
上の画はあくまでも相対的な比較と理解して下さい。

それにしても、これだけ撮像素子の大きさが違うと、同じ画素数でも画質に差が出るのは当然なのかもしれません。

でも写真は画質だけってわけじゃない

 

但し以前も記事で書きましたが、画質の良し悪しだけが、写真の全てではありません。
撮影環境に合っている機材を選択することが、一番大切だと思ってます。

2013/04/06 見やすくするために改定。

スポンサーリンク