最新記事

  • Sony α7s で少し雑感

    2014年07月25日
    一言いうなら、FEレンズのバリエーションをもう少し早めに増やして頂きたいですね。 特に中望遠(70~150mm付近)のマクロレンズ、待ってます(笑)
  • 由衣果

    2014年07月24日
    バックの他に人の写りこみを処理できないので、上からの構図で撮影です。
  • 武田智恵

    2014年07月22日
    バックの噴水が見えるように、モデルも見えるように。 露出による取捨選択がカメラマンによって変わる構図ですね。
  • 藤山陽衣

    2014年07月20日
    水てっぽうでお遊びですが、α7s的には苦手な感じだったようで、瞳AFが合い辛く、最初は片目閉じていたのですが両目を開けてもらいました。
  • 吉水翔子

    2014年07月18日
    バックの噴水の流れを止めるのか、流すのか。 日中のモデル撮影で流すのは大人数撮影会では不可能かもしれません。
  • Norie

    2014年07月16日
    スチールの場合はこういう仕上げもアリかなと思ってます。
  • Mhairi

    2014年07月14日
    大人数撮影会での寄りは、他の方の協力があってこそです。 役員の方に確認を取り、可能である場合だけ撮影しましょう。
  • 桐谷流華

    2014年07月12日
    2番目の画像もそうですが、腕に緑かぶりというか、上の緑色が透過してますね。 暑いので日光除けはわかりますが、様々な色の重なり合いで撮影はなかなかの厳しさです。
  • 水着モデル撮影会-2014-07-06-

    2014年07月08日
    自分で使用していたカメラで、1200万画素というとCanon5Dですが、撮って出しでここまで行けるのか・・・、デジタル物の進化というのは侮れませんね。
  • 小関あゆみ

    2013年07月24日
    やはりシュチュエーションどおり、水着のグラビアって感じで撮影しちゃってますね。 色々と思い描いても大人数撮影会では撮れるポジションで撮れるように撮るしかないので、カメラマン達の最大公約数の構図がこんな感じになるのだと思います。
  • 逢沢まひる

    2013年07月22日
    撮影技術はさておいて、こういう撮影現場だと、やっぱりグラビア風になりがちですね。
スポンサーリンク